こんにちは。
よりみちねこです。

今日も2番組、紹介論評にてご紹介。


「掟上今日子の備忘録」 日本テレビ 土曜夜9時

眠ってしまうと記憶が消えてしまう
という病を抱えている探偵・掟上今日子(おきてがみきょうこ・新垣結衣)。
史上最も運が悪いと自認する隠館厄介(かくしだてやくすけ・岡田将生)。

大人気ミステリー小説のドラマ化。 
テンポがよく、何より発想がユニーク。
解き明かしていくミステリーの仕掛けも新鮮だし、言葉選びも秀逸。
事件の動機も頷ける。 
作家の才能はすごいものがあるようだ。

よりみちねこの大好きな、深い思考力を問われる内容ではなさそうだが、
いや、一日で記憶が消えてしまうという病状は、深刻だ。
記憶障害とか、認知症とか、現代では悩んでいる人は多い。

ドラマのなかでも言っているが、
良い記憶だけ残って悪い記憶がなくなれば、それは確かにベストなのかもしれない。
悪い記憶に引きずられることほど、エレルギーを無駄に消費することはないわけで。

第一話では、2つのミステリーを解決した。
背景は違うが、どちらも、
コンピュータ上の記録と消去、人間の記憶と心の機微、が通底していた。

超優秀だが時間が限定されている今日子。
生まれたときから運が悪いと人生を嘆いている厄介。
二人の掛け合いが愉快だ。

これからどう話が展開していくのが、楽しみではある。
娯楽としてちょうどいいかも。
謎解きをも楽しめる。

あ、おそらく二人の恋の行方も? 

 
「破裂」 NHK総合 土曜夜10時

これも原作もの。
椎名桔平演ずる医師・香村鷹一郎(かむらよういちろう)は、
心臓を若返らせる夢の治療法を研究開発した。
まだ人体による治験をしていない。
 
そこへ心臓を治してほしいと現れた国民的名優の倉木蓮太郎(仲代達也)。
香村を母親とともに見捨てた男、つまり香村の父親だ。
治療を断るが、治験をしてほしいと頼まれ、引き受けることに。
そこには、少子高齢化をにらんだ官僚と国家権力の陰謀が絡んでいる。

社会派ドラマなのか?
ホラーなのか?

官僚・佐久間和尚(滝藤賢一)の怪演が、絶大な権力と陰謀の恐ろしさを伝えてくれる。
『「超高齢化社会の究極的解決」のため、香村療法の副作用を悪用し老人たちを大量安楽死させる「プロジェクト天寿」を画策』
とホームページにある。
が、なにせ現実世界で陰謀のなんたるかを垣間見ることが多い昨今では、
その戦慄も薄まる。
そんなことあるのか?よりも、
あるだろね。

いや、本当に画策してそうだ、と思うとやっぱり空恐ろしいか?
まず、金のかかる貧乏老人が不要。それから金持ち老人からはお金を分捕る。
老人のあくなき生存欲は、上手に画策に乗ってくれるだろうし。
と、これは、よりみちねこの妄想。

画面の暗いシーンが多く、眠くなってしまうのがよりみちねこには苦手。
気持ち的には入り込みにくい。

タイトルの「破裂」は、心臓のことのようだが、
別のことも示唆しているのだろうか。


上記2作品は、よりみち的にはものすごくお薦めというわけでもないが(ごめんね)、
試しに視聴してみるのもいいかも。

前者は娯楽として、
後者は社会派ホラーとして、
よりみちねこは視聴してみるにゃ

ドラマは第一話で決まるところもあるが、
一方で、後半よくなることもある。
もちろん、後半こけることもある。

ドラマを楽しもう