こんにちは。
よりみちねこです。

「偽装の夫婦」 日本テレビ水曜よる10時 
すでに第6話。折り返し地点だね。 

超治(沢村一樹)は、保(工藤阿須賀)に気持ちを打ち明けると出かけたまま帰宅しなかった。
なぜか気になるヒロ(天海祐希)。
超治は保に、自分はゲイだと打ち明けていた。
一方、自分の気持ちを正直に語ることのできるしおり(内田有紀)。
ヒロに、子どものパパになってほしいと思っているが、
ヒロが超治をどんどん好きになっているのに気づいている。
でもヒロは正直な気持ちを超治に言えない。
そんなとき、しおりの別れたDV夫のもとに、ゆう(娘)が連れ去られる。
DV夫は弁護士で、手ごわい。
が、ヒロの六法全書を全て覚えているという優秀さと持ち前の機転で、戦い、保も巻き込んで、ゆうちゃんを取り戻す。

ナイスなセリフ。
 
しおりとゆう母娘をヒロのおばの家にかくまっているとき、おば(キムラ緑子)がぽつりと言う。
「せめてあの子くらいは、将来、バカな男につかまらなきゃいいけどね、ここにいるおとなみたいに」
ヒロも、しおりも、そしてヒロのおばも、男運がないわけだ。
3人の女性たちに守られて、ゆうちゃんは幸せになってほしいにゃん。

ヒロの上司である図書館館長(田中要次)がうっかりDV夫に居場所を教えてしまう。
そして、対決。
「私はヒロさんが好きなの。だから家族になってほしいって頼んだの」
と、しおり。 
「女が好きだって言ってるような母親に、娘をまともに育てられるわけないだろう」
DV夫はそう言った。
まともに裁判をしたら、レズビアンのほうが不利になるのかな。
映画「チョコレートドーナツ」みたいに。

「そんなことないでしょう。レズビアンだって普通の人間だし」
超治が叫ぶ。 
「あんただっておかしいと思わないのか。男のくせに」
DV夫も叫ぶ。 
「ぜんぜん。だって、僕もゲイですから」 
これで、ヒロのおばに、ゲイと結婚したという裏話がばれてしまうわけだが、
はっきり堂々とカミングアウトできた超治。

「あんたみたいなDV男こそ、無人島にでも行って、死ぬまで椰子の木なぐってれば!
どうせ、父親が母親を見下すような家で育ったんでしょうけど、
いいかげん世界の中心は男じゃないってことに気づいたら?
女から生まれない人間なんてひとりもいないのよ。
あんたから見たらね、私たちが変かもしれないけど、
こっちから見たら、あんたの方がよっぽど変よ。
でもね、心の痛みは同じでしょ。私たちには、違いよりも共通点のほうがいっぱいあるの。
ささいな違いにこだわって相手を責めるのもうやめたら?
もう一度言うけど、心の痛みは同じなの。私たちに大した違いはない。み~んな同じなの!」
多様性、ダイバーシティって言うのかな、今。
違って当たり前、違いを認め合うこと。
そう、「みんなそれぞれ違う」けど、でも、「心の痛みは同じ」なんだ。
すごいな、このセリフ。

「もしも旦那さんが奥さんに暴力をふるう人だったら、上海ではどうなりますか?仕返しされます。まず無事ではすみません。自分でできなければ、親兄弟が代わりに仕返しします。こういうときに助けなくてどうして家族ですか。家族がいなければ、近くの友だちが助けます。それが友情です。違いますか?
奥田英朗の“ナオミとカナコ”の一節です。
またあなたが来ても、私たちは、しおりさんと、ゆうちゃんを守ります。それが友情ですから」
これを小説から探してくるって、すごい!
家族、友情、人を助ける、ということ。
仕返し、というなかなか激しい表現だけれど、それほど家族や友人を思う気持ちの大きさが伝わってくる。
DV夫が諦めないときのために。正々堂々と追い払うための強靭さ。

後日、保が幼稚園に集配に来て言う。超治から、返事はゆっくりでいい、と言われていた。
「ぼくはもう差別主義者にはなりません。
どんな人種だろが、仕事だろうが宗教だろうが、もちろん、ゲイやレズビアンの人も。
だから、あのぉ、とりあえず、二人で飲みに行くみたいなところから始めてもいいですか?
オレ、超治さんのこと好きだから。ああ、もちろん今は人間として。
ただ、オレ、ヒロさんのことも同じくらい好きなんです。
だからヒロさんのこと、これからも大切にしてあげてください。
そうじゃなかったらオレ、超治さんと会いませんから」
保は超治にどんな態度を示すのかな~、と思っていたけれど、
こういう展開かぁ。
なんだか、いい感じだね。
一方で、「正義の味方」を目指している保にとって、ヒロは「ヒーロー」。
偽装結婚とはいえ、ヒロのことを大切にしてくれと頼む保もまた、
ヒロのファンであり、よき理解者なんだろうな。
実は、ヒロのことを一番よく分かっているのは、超治。心の声までお見通しだもの。
その超治も、セリフの端々から、ヒロファンなんだな、ヒロを「ヒーロー」と認識しているんだな、と伝わってくる。
ウルトラマン?
いや、よりみちねこはウルトラセブンが好きなので、ウルトラセブン。 

余談だけど、
ヒロとしおりが図書館で話しているシーン。しおりは鋭くみんなの心を読んでいる。 
後ろの書棚の書物が興味深い。
テーマの統一されていない様々な書籍が並んでいる。
「水滸伝」などに交じって、「原発死」という背表紙が見える。
誰の采配?どうみても、故意だにゃん

ドラマを楽しもう